【FF14】開拓工房のスケジュールの組み方【無人島】

【FF14】開拓工房のスケジュールの組み方【無人島】

無人島開拓とは?

パッチ6.2で追加された新コンテンツです。

無人島は1人1つ、自分専用の島が丸ごともらえます。
無人島では絶景ポイントを探したり、畑で作物を育てたり、動物を飼育できたりします。

ギャザラー、クラフターを育てていなくても遊ぶことができます。


【FF14】開拓素材のおすすめ採集場所【無人島】 【FF14】開拓素材のおすすめ採集場所【無人島】 【FF14】開拓ランクがあがるとできるようになること一覧【無人島】 【FF14】開拓ランクがあがるとできるようになること一覧【無人島】







開拓工房とは?

開拓工房は、無人島内で採集できる素材をもとに、島産品を生産する施設です。

生産・出荷は魔法人形が自動で行ってくれるので、私たちはスケジュール調整を行うだけです。
スケジュールの設定はおやかたくんから行います。

島産品を出荷するとシェルダレースクリップ:青貨と開拓経験値が入手できます。
シェルダレースクリップ:青貨は、開拓工房での入手がメインとなります。







売り上げの計算

売り上げの計算には、島産品の基本取引額に加えて、あわせて生産、魔法人形のやる気、需要と人気度がかかわってきます。



あわせて生産

連続して同じ島産品特性を持つ島産品が生産されると、開拓工房の魔法人形たちのやる気と生産効率があがり、「あわせて生産」ボーナスが発動します。

あわせて生産が発動した島産品のスケジュールは、青い枠で表示されます。


あわせて生産が発動した場合、後ろの枠で生産した方の島産品の完成個数が2倍になります。つまり、1個分の素材で2個分完成し、売り上げも2倍になります。



注意点としては、全く同じ島産品同士ではボーナスは発生しません。別の島産品を設定する必要があります。

また、17時からの枠はあわせて生産ができず、1つしかできません。
つまり、17時からの枠は4時間で作れる低単価の島産品を作り、その次の枠で高単価の島産品を作ると効率的です。





工房のやる気

あわせて生産を発生させると、「工房のやる気」が上昇します。

工房のやる気があがると、出荷時の売り上げにさらにボーナスが付きます。やる気1に対して売り上げが1%あがります。

工房のやる気は、期が切り替わるたびに、初期値に戻ります。

工房のやる気はスケジュールリストの右上に表示されています。





人気度と需要

人気度と需要は、スケジュールを組むうえで最も重要になります。

基本取引額に人気度と需要を掛け合わせて売り上げを計算します。



具体的な数値は下記になります。

人気度:大人気x1.4、人気x1.2、普通x1.0、不人気x0.8

需要:超供給不足x1.6、供給不足x1.3、普通x1.0、供給過多x0.8、超供給過多x0.6




需要と人気度の組み合わせを表にすると下記になります。

大人気(×1.4)人気(×1.2)普通(×1.0)不人気(×0.8)
超供給不足(×1.6)2.241.921.61.28
供給不足(×1.3)1.821.561.31.04
普通(×1.0)1.41.21.00.8
供給過多(×0.8)1.120.960.80.64
超供給過多(×0.6)0.840.720.60.48

最大で2.24倍、最低で0.48倍になります。

例えば基本取引額が100円の場合、最大で224円、最低で48円になります。
かなり差があるので、需要と人気度はチェックしてスケジュール設定した方が無駄がなくなります。






売り上げの計算式

基本取引額に、あわせて生産、人気度、需要、やる気を掛け合わせたものが売り上げとなります。

あわせて生産:×2

人気度:大人気x1.4、人気x1.2、普通x1.0、不人気x0.8

需要:超供給不足x1.6、供給不足x1.3、普通x1.0、供給過多x0.8、超供給過多x0.6

やる気:1につき+1%





売り上げアップするスケジュールの組み方

需要は生産・出荷をすると供給不足から供給過多に変化してしまいます。

こまめに需要をチェックし、組みなおした方が稼げる額は多くなります。


前半期の方針

期の始めは4時間で完成する島産品をメインにスケジュール設定を行います。

あわせて生産し、工房のやる気ボーナスを早めに稼いでしまうためです。

4時間で生産できる2種類の島産品を交互に生産したくなりますが、同じ島産品ばかりを生産すると後半は必ず供給過多になります。できるだけいろんな種類の島産品を生産した方が売り上げがあがります。




後半期の方針

やる気を最大限ためたら、生産時間が6時間、8時間かかる島産品を生産します。

生産時間の長い島産品は、基本取引額が高い傾向にあるため、やる気が最大限のときに生産すると、供給過多をさけつつ、高い利益を期待できます。

1日の生産枠は最大限まで埋めたいので、下記のような島産品の組み合わせで24時間分埋めておきます。

4時間、8時間、4時間、8時間

4時間、6時間、8時間、6時間





需要と人気度で決める

人気度よりも需要の方が影響が大きいので、まずは最も倍率の高い「超供給不足」×「大人気または人気」を狙っていきます。

次に倍率が高いのは「供給不足」×「大人気」の組み合わせです。

上記で良いあわせて生産の組み合わせがなければ、「超供給不足」×「普通」または「供給不足」×「人気」で探します。素材が揃っていれば、大体この辺でスケジュールが組み終わります。



おやすみ日の設定

1期のうち2サイクルは、「おやすみ日」として、島産品の生産を行わない日を選択しないといけません。

おやすみ日として設定する日はいつでもOKです。
連続で休んでも、バラしても不利有利はありません。

基本的には、ログインしない日を選択すると良いです。

おやかたくんに話しかけて「開拓工房のスケジュール設定」画面を開き、「おやすみ日設定」ボタンを押します。

赤色が今期、緑色が来期です。それぞれ2枠ずつ選択し、設定変更します。

地球時間で、1:火曜日17時~、2:水曜日17時~、3:木17時~、・・・、7:月曜日17時~です。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。